ガスコンロはどれも似たようなデザインの物が多いですが、初めて一人暮らしをする人などが購入する場合、注意をしなければいけないことがあります。まずは必要になるのが、プロパンガスか都市ガスかということです。次にサイズをしっかりと測ってから、購入することです。購入してから、自分の所のキッチンには置けないので交換に出かけないとならないという二度手間にならないようにしましょう。次に、二つ口のコンロの場合は、壁に近いほうの火力が小さいコンロにするべきです。壁を汚さないためでもあるのですが、煮炊きをすると、とても熱くなり、壁が焦げたりすることもあります。壁を汚してしまうと、賃貸住宅の場合、きれいに掃除をしないと、退去時に清掃料金を多めに取られるかもしれません。強い火力を使いたいのならば、壁側に火力の強い口がない物を選ぶことはとても大切です。

小さいキッチンにガスコンロを置きたい場合

これから一人暮らしを始める人の中には、毎日凝った料理を大量に作ることはないだろうけれど、毎日の自炊はするだろうという人が多いのではないでしょうか。その場合、ガスコンロはあったほうが便利です。コンロはなくても、電子レンジや電気ポット、カセットコンロなどで間に合わせることもできますが、安定した火力で、しっかりとした料理を作りたい場合には、やはりキッチンにコンロはほしいところです。しかし、そんなに長い間、今の賃貸に住まないだろうと思う場合、1口のガスコンロを購入すると良いでしょう。小さなキッチンでも置きやすいですし、2口のコンロよりもお求めやすい価格の物が多いでしょう。場所を取らないので、料理をする場所も確保しやすいです。その他に、もう1口くらい、コンロがほしいと思う場合は、環境が変わってからでも使えるカセットコンロを購入すると、とても便利です。鍋をする時にも、料理をする時にも使えますし、お部屋のどこにいても使えるので、忙しい人にもよいでしょう。

台所に欠かせない存在ガスコンロ。

昨今、ガスコンロの多様性と機能性の向上は目を見張るものがあります。その中でも台所で使われるのは、テーブルコンロとビルトインコンロと言えます。性能的な面では差異はほとんど見られませんが、外見的にはテーブルコンロはバーナーが二口でコンロ台に据え置くだけなので、ガス栓とゴムホースが露出した状態になっています。対してビルトインコンロはキャビネットと一体になっている為、ガス栓と配管は隠ぺいされます。バーナーは三口存在し、天板はガラス製やステンレスなど様々です。前者は、ガス栓とコードが露出している為汚れが目立ち、安全性はビルトインに若干劣りますが、交換と取り付けが非常に簡単になっています。後者はガス栓が、か透部になっており、汚れも目立ちにくくガラストップ天板等はお手入れが楽である為、料理をされる方々は重宝するのではないでしょうか。しかし、交換や取り付けの際は専門の業者に頼んで設置してもらいます。最近の新築の物件において、システムキッチンが主流になってきている為、ビルトインコンロの方が主に使用される率が高いのではないでしょうか。機能性や安全性も高くなっており、バーナーには温度センサーが導入されたり、他にも吹き零れのお手入れがしやすいように汁受けが廃止されました。セットした時間に消火するタイマー機能や、火力を一定に保つ温度調節機能も標準搭載されており、調理を全面的にサポートしてくれる機能が盛り沢山です。さらに、お魚焼き等で使われるグリルも、最新コンロだと水を必要としない両面焼きグリルになっている為、短時間でおいしく焼き上げることが出来、調理後のお手入れも楽なので非常に便利です。これはビルトインだけでなくテーブルコンロも同様で、最新のコンロが如何に優れているか、以前と比べ飛躍的に発展しているかが理解できます。今や台所の主役として、調理にコンロは欠せない存在です。調理をアシストし、より美味しい料理を仕上げるコンロに目を向けてみるのも面白いのではないでしょうか。