ガスコンロの五徳の掃除が行き届いていなくて、真っ黒になっていると言う家庭もあるでしょう。つけ置き洗いすれば大丈夫と考えている人も多いでしょうが、こびりついた汚れはなかなか落ちません。では、諦めるしかないのかと思うでしょうが、諦めることはないです。重曹で煮ると言う方法があります。重曹で煮ると、真っ黒な焦げがやわらかくなります。大きめの鍋に水と重曹と五徳を入れ、20分弱ほど煮るだけなので簡単でしょう。つけ置き洗いに似ていると言っていいかもしれません。重曹で煮て、冷ましてから古い歯ブラシやたわしでこすれば簡単に汚れが落ちます。ただ、たまにちょっとこすっただけでは取れない汚れもあります。その場合は、石けんつきのスチールウールでこすってみましょう。これで取れない汚れはないと言っても過言ではありません。

ガスコンロのテーブルトップについて

ガスコンロのテーブルトップはかなり汚れます。どれだけ気をつけていたとしても、汚さずに調理することはできません。汚れたらすぐに拭けばいいのですが、いつの間にか真っ黒になってしまうこと少なくありません。焦げがこびりつくと、一生懸命拭いてもなかなか取れません。かなりの労力を使います。しかし、ガスコンロのテーブルトップと言うのは、ネジ止めされていないものが多いです。持ち上げれば簡単に外すことができます。つまり、丸洗いできると言うことです。つけ置き洗いもできるので、真っ黒になっても焦ることはありません。また、テーブルトップを外せば、中を掃除することもできます。ただ、テーブルトップが外せて丸洗いができると言っても、真っ黒になるまで掃除しないと言うのではいけません。真っ黒になるまで汚さないようにするのが基本です。

ガスコンロに飛び散った油汚れや吹きこぼれは

ガスコンロの掃除は大変と思っている人がたくさんいます。焦げは力を入れて拭かないと取れないから体力を消耗すると言う人は多いです。ならば、焦げがこびりつくまで放置しないようにしましょう。ガスコンロに飛び散った油汚れや吹きこぼれは、調理の後に素早く拭くと言うのが基本になります。温かいうちなら、洗剤を使わずに汚れを落とすことができるのでかなり楽です。当然、汚れがこびりついて真っ黒になると言うこともありません。いつでもすぐに拭けるように、キッチンには古布を常備しておくことです。わざわざキッチンを離れないといけないところに置いておくと、取りにいくのが面倒になります。パッと取り出せるところに古布があれば、調理中でも菜箸などに巻いてサッと拭けます。かなり便利でしょう。キッチンに立つ人は、こう言うことを知っておくことです。