一人暮らしをする部屋を探すときには、ガスコンロにも注目をしましょう。ガスコンロは三口あるタイプが便利です。普通に料理をするときには、一口や二口ではどうしても効率が悪くなってしまうからです。お湯を沸かしてその中でスパゲッティを茹でながら、フライパンでソースを作るというケースはよくあります。そうしたときには三口なければかなり不便です。最低でも二口はある部屋を探すのがいいですね。今の時代はガスではなく電気を使うタイプのコンロも多いですが、やはり火力の面でガスのほうが料理には有利です。火力が強いとチャーハンもパラパラになります。コストの面でも、ガスのほうが多少は有利になります。ただ、それは都市ガスを使っている部屋に限ります。プロパンガスしか使えないのであれば、電気タイプのほうが維持費は安上がりになるかもしれません。

ガスコンロの種類を知ろう

料理などに大活躍のガスコンロ。そんなガスコンロには種類があります。ガスコンロ単体で使用する据え置きタイプのものと、流し台や作業台と一体化しているビルトインコンロがあります。どちらも特徴があるので、自分に合ったものを選んでいきましょう。まず据え置きタイプの物は、単体で使用する事が出来るので、例えば故障してしまった場合もこれだけ交換する事が可能です。しかし、流し台などと離れているので、作業スペースが少なくなってしまう場合があります。ビルトインコンロでは、流し台などと一体化しているので、交換をする際は業者を呼んで大掛かりな交換になってしまいます。しかし、作業台も全て一体化している事で、作業スペースを広く取る事が出来、また掃除もしやすくなっています。どちらが良いか、しっかり考えながら選んでいきましょう。

今人気のガスコンロとは

今、ビルトインコンロが人気になっています。このビルトインコンロとは、ガスコンロと流し台、作業スペースが全て一体化したものを言います。一昔前主流だったのは、流し台とガスコンロが分離しているタイプでした。しかし、最近では全てが一体化しているビルトインコンロが主流になってきています。これは作業のしやすさの観点からそうなってきているのではないでしょうか。やはり全てが一体化している事で、段差もなく、作業スペースを広く取る事が出来、大変作業しやすくなっています。また、段差がなく、隙間もないので、その分お掃除もしやすくなります。隙間があるとその分、間に物が落ちてしまったり詰まってしまったりするので後々お掃除が大変になってしまいます。それよりも全て一体化している方が隙間も生れませんしお掃除を楽しくする気が出来ます。